エステシャンの資格は取るべき?

美容に携わる人は、常にお客様の美しさをどのようにして引き出してあげるかを意識して、行動、対処して行く必要があります。

しかし、この職種に国家資格はありませんので、エステサロンで働こうと思うと、不可能なことではありません。
とは言うものの、厳密に言うと、経験やノウハウを有する人が有利になることは間違いあありません。
エステシャンについては、民間団体のリンパマッサージなどの資格があるので、この資格取得を目指すのが、ベストな選択と考えられます。

国内で、メジャーで多くの人が目指しているのが、3つあります。
日本エステティック協会の「認定エステティシャン」や「フェイシャルエステティシャン」や「トータルエステティックアドバイザー」です。

受験するためには、協会の会員になることが必要ですし、難易度が高くなれば、現場での実務経験も受験資格に必要になってきます。

エステシャンを目指す人は、専門学校に通い専門課程の科目をしっかりと履修しながら、実務経験を積むことにより、段々と上の資格を取得していく地道な取り組みが必要です。