マッサージ師になるためには資格が必要?

PR|リンパセラピスト資格の費用の事|

マッサージ師という職業があります。
簡単に言うと、患者さんの症状を見て、指圧やマッサージによって解消したり、軽減したりする仕事ですね。

何となく、マッサージが上手ければ誰でも簡単に開業できるのではないかと思われがちですが、マッサージ師と名乗るためには、資格が必要です。

みなさんもこれからマッサージの仕事をしたいと思うならマッサージ師の国家資格を取得しておくのが良いです。このマッサージ師の国家資格というのは正式にはあん摩マッサージ指圧師という資格でこれを取得しておけばいろんなマッサージの施術を施す事が可能になります。マッサージ師として名乗るための資格は、「あん摩マッサージ指圧師免許」という国家資格です。

厚生労働大臣、文部科学省が定めた専門学校・盲学校等の学校で3年以上勉強して、国家試験で合格することで取得することができます。

年1回実施される国家試験では、医療概論、衛生学、臨床医学、リハビリテーション医学、東洋医学・・・かなりの知識が問われます。
結構、取得するのが難しそうな資格ですね。

まあ、難しい資格ほど取得すれば役に立ちます。
「あん摩マッサージ指圧免許」を取得することで、就職にも有利になりますし、マッサージ師として、独立開業することも可能になりますので大変ですけど、一生ものの資格になります。

 

ただ、多くの人が良く聞く整体師という資格もありますがこれはこれはマッサージ師ではないので
マッサージ師として働きたいと思うならマッサージ師の国家資格を取得する必要があります。

別にそうでなく整体の仕事をしたいと思うなら別にマッサージ師の資格も不要でまた
整体師の民間資格も必ず必要なわけではないです。

 

ただ、様々なマッサージの施術をしたいと思った時はマッサージ師の国家資格が必要になってきますのでその点はしっかり把握しておく必要があります。

 

また、マッサージ師の国家資格があればマッサージ師として独立開業もできてまた
勤務する事もできるのでおすすめの資格になります。

PR|英語上達の秘訣|内職 アルバイト|JALカード|健康マニアによる無病ライフ|貯蓄|心の童話|GetMoney|住宅リフォーム総合情報|お小遣いNET|家計見直しクラブ|工務店向け集客ノウハウ|お家の見直ししま専科|オーディオ|女性向けエステ.com|サプリメント|